若狭湾の原発を尋ねて
       若狭湾の原発を訪ねて・・・

高浜原発
 6月27日、高浜原発にMox燃料が入港するというので、高槻の仲間と抗議に出かけた。
朝4:00出発というので、高槻の家で一泊させていただいてから抗議行動参加でした。
ウラン・プルトニウム混合酸化物ペレットを積んだ「パシフィック・イーグレット号」は午前7時前に、高浜港に何事もないように静かに入港した。
3・11以降、Mox燃料の搬入は初めてである。
フランスで加工され、イギリスの専用船での搬入である。


陸上でも、警察官が厳重な警戒を随所で行っていたが、海上はさらに厳重な警備が敷かれていた。海上保安庁の鑑定が無数に配備され、意味ありげな航行を続けていた。
ヘリコプターも2機上空を常時旋回していた。

うわさによると、海上でも反対行動で、船をチャーターする動きがあったというが、不発だったらしい。



高浜原発3・4号基。関西電力は福島第一原発にある、重要免震棟をもたないため、高浜原発1・2号基の建屋の会議室を会議の場にする計画だそうである。
同じ敷地内の3・4号基のどちらかか一方が、または両方が福島事故のようなことが起きた時、関電社員・関係会社社員・原発作業員が1・2号基で収束作業に当たれるとは到底考えられない。
なんという杜撰な計画であろうか?
同じ事情は大飯原発にも当てはまるという。
そんな状況で、大飯原発の再稼働を許した政治家・許している規制庁の責任重大である。

高浜原発は、平成16年に共産党の吉井英勝議員(平成24年引退)が小泉内閣に津波の引き波2mで冷却水の取水口が機能不全に陥り、原子炉の冷却が不可能になると指摘した原発だ。
答弁書で小泉潤一郎は「想定外のことは想定していない」と答にならない答弁に終始した。
福島事故を小泉はどう考えているのだろうか?

このそそり立つ山が豪雨によって土砂崩れを起こしただけで、最悪の場合、原発冷却機能は失われる。
素人の僕が考えてもわかることを専門家はなぜ見て見ぬ振りができるのだろうか?

大飯原発有識者会合で、地滑り論を唱えて、ひとり活断層論に反対し、専門家グループの意見の集約を阻害した立命館大学の岡田教授に説明させてみたい。
僕は、先月から電力料金を関西電力本店に直接支払うことにしている。
今月分を支払いに行くときに、この写真をもって、受付担当職員に土砂崩れでも原発冷却不能の事故を起こす可能性を指摘してきたいと思っている。

だいたいにおいて、活断層でなければ安全だというようなとんでもない屁理屈が有識者によって検討されていること自体が大間違いである。
自然の災害など、人知を超えたものが起こり得るのは当然である。したがって世界から原発は全面的になくさねばならない。


僕たちは抗議の声を、多くの人がスピーチとして上げ続けたが、入港を阻止することはできなかった。グリーンアクションのアイリーンさんや、フランス人で反原発運動をしている LE PAPE Jaen(ル・パップジャン・ポールさん)もスピーチを行った。
アイリーンさんのスピーチは力強く説得力があった。
   
アイリーン・美穂子・スミスさん   LE PAPE Jaenさん


警察官はこの周辺にも無数にいて、抗議行動の人数よりもはるかに多かった。薄いブルーのシャツを着ているのはすべて警察官。
総じて、警察官も静かな警備で、交通安全が本務のようだった。

僕たちは高浜原発正面ゲート前では抗議の申し入れ行った。この中には参議院議員候補の長谷川羽衣子さん、松本なみほさんも参加していた。長谷川さんとはFace bookでやり取りがあり、顔だけは知っていたので挨拶をした。松本さんは帰ってきてからお名前を知った。
長谷川さんとは2・3の全国集会で会ったことがあるが、おそらく彼女には僕の存在は認識されなかったに違いない。しかし、今回は挨拶もできたので、多少の面識ができたと思う。
外に出て行動することは、同じ思いを共有する仲間の輪を広げていくことなのだ。
ネットだけでは決して進まない信頼関係の輪の広がりなのだ。

残念ながら、我が国の国民性は、原発に対して、曖昧な意見をもつ人が圧倒的に多い状況である。不安を感じながらも、率先して反対運動には参加できない。そんな人が多いのが今の日本人だ。
あれだけの悲惨な事故を経験して、いまだに反原発に舵を切れない人たちの神経を疑う。







明確に反原発に舵を切れない大多数の大手マスコミ、裁判関係者、そして多くの国民、彼らが結果的に中立的立場を取らざるを得ないと感じている中で、推進派は遠慮会釈なく強引に再稼働に向かっている。

僕と長谷川さんの出会いはほんの10秒足らずで、お互いが信頼関係を築くには到底至っていない。
それでもよいのである。3度・4度とお会いする機会があれば、それなりの信頼感もきっと生まれてくる。
僕はそれが行動による、輪の広がりだと信じている。

今は、明確な反対を唱える人が少数派であろうことは、衆議院議員・参議院議員選挙で明かになっている。
しかし、僕は負けない。
表に出て、信頼の輪を広げていくことが未来の人が反原発に舵を切る種まきをしている。
そう信じている。

今回のMox搬入反対行動は、僕を含めて、4人の仲間で参加した。
以前からよく知りあった仲間であるが、今回の行動で揺るぎない信頼で結ばれた。

少数派であることに微塵の寂しさも、苦しさも感じない。

お互いがお互いのめげそうになる心を支え合って行ける、そんな確信をもった旅だった。


余談だが、僕の家の郵便ポストには、「チラシ広告いりません。」「原発いりません。」「自民党いりません。」と張り紙をしてある。





6月29日、敦賀市の西誓寺を訪ねた。
西誓寺のご住職、岡山巧さんは、「原発行政を問い直す宗教者の会」の中心メンバー。
檀家の中に、敦賀原発の作業員が被曝労働の末にがんを発症して亡くなった方がおられて葬儀を重ねている。と聞き、予約を取れればいつでもお話を聞けると聞いて、「若狭ゆずり木平和祭」に合わせての旅だった。
http://www.yuzurigi.musicadeira.com/ja.html




お話は一方的に聞くだけではなく、僕からもいろんなお話をした1:1の約2時間だった。

①教え子が被曝労働死をした、元養護学校教諭のお話し【別紙資料「08敦賀全国集会」】
②原発廃絶は大消費地の住民の声を!
③原発建設を目指した電力会社の住民情報収集
こんな内容のお話しだったが、それ以外にも敦賀半島の原発があるほうを西浦、対岸を東浦といい、東浦にも甲状腺がんや、白血病患者が多く発症していると聞いた。

福島事故のような爆発事故を起こさなくても原発周辺には、癌患者が多数存在するのだ。

被曝労働関連死については、あまり詳しくお聞きできなかった。
より、その実態を詳しく知りたくて、「福島原発と被曝労働」という本の共同著者・寺西清先生とお会いして、お話を聞く機会があった。
寺西先生によると、「岡山住職が詳しくお話しできなかったのは当然です」僕がまとめた報告を丁寧に読まれて、「ここから始まるのです。私たちが、福島原発被曝労働を取材し始めたのは30年前で、最初は『帰れ!』と追い返されることも度々でした。」「また、来ます。とお話しして、何度も何度も伺った末に、やっと本音が聞けるようになった。」というお話しでした。
被曝労働の実態を掴むのは容易ではないだと感じた。


敦賀原発
時間的には、前後するが西誓寺訪問の前に、時間があったので敦賀原発を見てきた。



正面ゲートから原発の方向の写真撮影をしようとしたら、警備員が飛んできて「撮影はお断りしています。」という。『公共施設だから、なぜ撮影禁止なのか?大飯原発では断られなかった』などと反論してみたが、埒があかなかった。
しかたがなしに撮った原発と反対側の海である。

警備員は、明かに僕の車の車体ナンバーをメモしていた。

写真撮影は禁止されていたが、原子力館の近くには警備員がいなかったので何枚か撮影した。



原子力館には、こんな冊子があった。


中を開くと・・・






トラブル報告 1 

トラブル報告 2
敦賀原発1号機は、福島原発で事故を起こした、沸騰水型の原発で、1970年(昭和45年)3月14日、運転開始である。トラブル報告を見るとすでに、3月26日にはトラブルがあった。さらに、翌年・昭和46年には8件のトラブル報告が上がっている。
東電見る限り、電力会社の隠蔽・捏造は常識のようだから、実際にはもっと多いだろうし、もっと危険なのではないだろうか?

原子力館からは、より近くに、原子炉が見えた。写真を取っていると、若い女性の受付の職員が「写真撮影はお断りしています。」と注意を受けた。既に撮った後のものについてはとやかく言われなかったので、そのままにした。
この女性に、『僕は原発には反対です。職員の方も、不安を感じていると思います。社内から原発を廃絶するようにはたらきかけていただけないでしょうか?』と言うと、女性の顔が歪んだ。
若い女性だったので、少し気の毒な思いをした。

原子力館は無料で入館できる。中には子供連れの若い親が何組か入っていた。
[PR]
# by to_sisyun | 2013-07-25 22:12
不当逮捕連発!
大阪府警・大阪市長を許すまじ!
瓦礫受け入れ・焼却処理反対の中心者だった、阪南大学準教授下地先生が10月17日の大阪駅構内でのビラ配りと市民への呼びかけで、12月10日に逮捕されました。
あまりに不当な逮捕に、大阪では知る人ぞ知る、悪名高き小野寺かんた裁判長が棄却したにもかかわらず、地検が準抗告し、別な裁判長が拘留を決定してしまいました。

許せぬ暴挙です。

既に釈放された人を含めて9人も逮捕です。
ここのところ毎日毎日、差入の連続です。
生きているうちにできることはしておかないと・・・原発事故の責任は我々世代にあるから・・・

原発さえなければ、こんな騒動は起こらなかった。

原発事故で国民が分断されるのがたまらなく辛い。

以下別件です。
できたらご参加ください。

グリーン・アクション
 京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL 075-701-7223
  
からのメールのコピーです。

b0254635_1284887.jpg




☆☆転送・転載歓迎☆☆


ポール・ガンター来日講演会
原子力規制委員会の手本 - 米国NRCの実態を暴く -

日 時:2012年12月18日(火)18:45~20:50
会 場:同志社大学 弘風館49番教室
  京都市上京区今出川通烏丸東入 同志社大学今出川校地 弘風館
    工事中のため西門よりお入りください。
  地下鉄烏丸線 今出川駅より徒歩3分
講 師:ポール・ガンター
資料代:一般500円・学生300円
(18時15分より、先着順で受付させていただきます。定員65名)
通訳あります。

主 催:グリーン・アクション
賛同団体:使い捨て時代を考える会 / 美浜の会


今年9月に新しく出来た日本の原子力規制委員会は、米国NRCの「独立性」を目
指し組織されました。
米国NRCは、いったいどのようなことをやってきているのでしょうか?35年間
米国でNRCと原子炉の監視役をになってきた、Beyond
Nuclearのポール・ガンター氏をお招きし、米国の規制について直接お話をうか
がいます。米国の規制の実態を知り、日本の原子力規制委員会を市民の立場から
監視していきましょう。

ポール・ガンター(Paul Gunter)氏:プロフィール
35年以上の環境活動家そしてエネルギー政策アナリストとしての経験をもつ。
NGOビヨンド・ニュークリア「原子炉監視プロジェクト」の責任者として、原子
炉による災害に声高に取り組んでいる。米国原子力規制委員会と原子力産業に対
する監視役を担っている。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-12-12 01:29
大飯原発運転停止を求めている美浜の会からMLのコピーです。※拡散お願いします。
───────────────────────────────────
12月9日【学習・座談会】 
規制庁のシミュレーションは著しい過小評価
───────────────────────────────────
 
 ◇日時:12月9日(日) 午後2時~4時半
 ◇場所:下京いきいき市民活動センター TEL:075-371-8220
      京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分
      河原町通り塩小路通り交差点より東入る
      http://www.geocities.jp/tgtmk561/
 ◇参加費:300円
 ◇主催:クリーン・アクション/美浜の会

規制庁が公表した放射能拡散の試算は、7日間で被ばく線量100mSvを基準にして、地域防災計画を立てることを求めています。

ところが、規制庁の試算は「97%値試算」といって、最も高くなる被ばく線量の3%を除外して計算したものなのです。そのため、大飯原発で事故が起きた場合、100mSvに達する最も遠い地点は32.2kmとなっていますが、最も高い被ばくとなる「100%値」を用いれば、それは63.5kmの地点となります。

さらに、南向きの風の年間頻度が20%だとして、放出する放射能量も20%にしてしまっています。食べ物からの内部被ばくも考慮していません。その他、過小評価のカラクリはまだあります。

最も高くなる被ばく(100%値)を用いて、大飯原発から南向きの風が吹いた場合に放射能量の50%が放出されたと仮定すると、140km離れた地点で100mSvの被ばく(7日間)となります。200km離れた和歌山でも約70mSv。あなたの住む京都市では?大阪市では?

学習・座談会では、これら規制庁の過小評価のカラクリについて説明します。そして、私たちが何をしていけばいいのかを議論しましょう。

グリーン・アクション info@greenaction-japan.org
 京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL:075-701-7223 FAX:075-702-1952

美浜の会 mihama@jca.apc.org
 大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階 TEL:06-6367-6580 FAX:06-6367-6581


MLホームページ: http://www.freeml.com/kansai_stop_rokkasho

----------------------------------------------------------------------
Powered by freeml -- http://www.freeml.com/ --
------------------------------------------------------[freeml byGMO]--
[PR]
# by to_sisyun | 2012-12-08 00:29
原発なしで暮らしたい丹波の会からの拡散依頼メールです。
脱原発のために努力されている皆様。ごくろうさまです。

原発なしで暮らしたい丹波の会・児玉です。これから冬本番を迎えますが、避難計画yがないままの大飯原発稼働継続に対する停止申し入れを行いたいと思います。ぜひご賛同くださるようお願いします。
隣接する京都府北部住民の声に対しては、福井県、福井県民の関心は高く、前回申し入れでは、福井県の全マスコミが報じました。
皆様の賛同で後押しいただいて、再び申し入れを行います。

たくさんの署名活動が行われてきましたが、今回は賛同のお願いです。
年齢・国籍不問ですので、ご家族の皆様はじめ広く声をかけていただきますようお願いします。

お名前、府県名、市町村名だけでも結構です。このメールへの返信、またはFAX0771-86-8432へお知らせください。

以下に張り付けるとともに、添付も致します。

★ 京都府民の皆様賛同をお願いします。(全国の知人にも賛同呼び掛けお願いします!)

                         締め切りは12月12日です

原子力規制委員会、関西電力、福井県知事、京都府知事 様

雪が降る前に、大飯原発を止めてください

私たちは大飯原発の風下に住む住民です。京都府北部では間もなく雪が降りはじめ、山間地では道路が凍結します。降り積もる雪のため、個人で除雪しなければ道路に出られない山間地は数多く、避難路が少ない上に、幹線道路はしばしばマヒします。そして1月になれば北風が強まって、関西、東海の広大な地域が風下となります。それなのにまともな避難計画もないまま大飯原発が稼働し続けています。

稼働させる理由とされた夏の電力不足はおこらず、原発なしでも賄えたことは、関西広域連合の検証によっても明らかです。そして原発を稼働させる理由がないだけでなく、稼働させてはいけない具体的な危険が存在します。



原子力規制委員会による大飯原発の敷地内調査では、F-6破さい帯が活断層であることは明らかだとする委員はいても、否定する委員はだれ一人いませんでした。活断層の存在が否定できないときは稼働を停止するとした、国の『審査の手引き』に従うことは当然です。

そして、大飯原発の東に横たわる3本の活断層がこれまでの想定より長く、5キロ以内の近さでつながっていることも明らかになりました。「5キロ以遠でも連動を考慮せよ」という国の指針に従うなら、これらの断層が3連動して動くこと、それに伴って敷地内にある数多くの破さい帯が引きずられるように動くことは確実です。



福島第一原発の事故では、「止める」ことは出来たのに「冷やす」、「閉じ込める」ことに失敗し、甚大な被害をもたらしました。大飯では、3連動により巨大な揺れが生じて制御棒の挿入が間に合わず、「止める」ことさえできないという指摘があります。

これに対する関電の主張は、敷地内に活断層はない、3連動すれば2連動より早く制御棒が挿入できるなどと、聞くに堪えないものです。どうか破局が訪れる前に稼働を止めて下さい。



自治体は、「避難計画」によって被曝・被害が防止できるのではなく、それは軽減の試みでしかないという事実を住民に説明すべきです。そして、実効性のある避難計画(安全な避難と避難後の生活保障)を策定できない以上、稼働を止めるように関電や国に求めることは、自治体にとって重大な責務です。

1.私たちは、大飯原発を即時に止めること、止めてから活断層調査を行うことを要求します。

2.私たちの生命・財産の安全確保を最大の使命とする自治体は、稼働を止めるよう関西電力や国に求めてください。

3.関西電力、福井県は、被害自治体である京都府が関西電力と安全協定を結ぶことに同意してください。

2012年12月12日                 京都府北部住民 有志

連絡先 原発なしで暮らしたい丹波の会・児玉kodama_pp@yahoo.co.jp  Fax 0771-86-8432

・賛同して頂ける方は住所〈都道府県、市町村名だけでもOK〉とお名前をお知らせ下さい。

・京都府民に限らず、全国どこからでも賛同をお願いします。年齢・国籍不問です。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-12-02 20:28
粟島しおかぜ留学
Face book のお友達から耳より情報です。

まず、お友達の感想です。

新潟県の粟島。
水がおいしく、ご飯がおいしく、海は広い。

b0254635_150116.jpg

馬がいて、空は気持ちよく、山には生えすぎの葛の蔓。

b0254635_1505314.jpg


小中合同の学校を見学させてもらった。
ひとクラスに、子どもたち2人くらいが、机を並べてる。
先生も、2人いるクラスもあったりして、思わず「子どもたち、大変だなぁ…(笑)」なんて思う。
授業を受けながら、女の子も男の子もちょっと照れた笑顔で振り返り、私たちに会釈して、先生に質問したり、答えたりしてる。
まだ暑さの残るころ、教室の窓は開け放たれ、風が通っていた。
校舎の屋上から瑞々しい島の風景を眺め、案内してださった先生方にお礼を言って、坂道をくだる。
海辺の道をのんびりと歩いていると、さっきまで教室で英語の勉強をしていた少年が、にっこにこ笑いながら釣り竿を肩にかけ、追い抜いて行った。

b0254635_1532873.jpg



ちいさな島。
4匹の犬と、ちらほら野良猫、牧場や山に馬。
私の話した島の人たちは、ゆったりと穏やかで、おしゃべりじゃなく、にこにこしながら何かおまけをつけようとしてくれる。
ご飯のお替わりとか、お饅頭ひとつとか、馬にあげる野菜の切れ端とか。
夜はすぐに暗くなる。
静か。
ちいさな島。

b0254635_1515114.jpg

信号機はひとつ。
馬は大きくて、優しい目でいつも道草を狙ってる。
人は声をかけあって、暮らしてる。
広くて、豊か。

しおかぜ留学、始まります。







粟島しおかぜ留学


ついに募集開始!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成25年度粟島しおかぜ留学生徒募集要項

対 象 小学校 1年生から中学校3年生まで

    平成25年度 定員 合計5名
期 間 平成25年4月から平成26年3月まで
※ 継続を歓迎します。
学 校 粟島小中学校
住 居 「しおかぜ寮」による寮生活
     〒958-0061 新潟県岩船郡粟島浦村157番地3
生 活 しおかぜ留学専従スタッフ2名による生活支援
    食事の提供、学習支援、メンタルケアー、など。
費 用 留学費用 月額 35,000円
    学校費用 月額 3,000円程度
    その他経費(衣類、医療費など)
募集期間 平成24年11月中旬から平成25年1月31日(書類必着)
受入の可否 受入の可否は教育委員会による面接によって決定し、その後、粟島教育委員会とのあいだで留学に関する契約書に署名捺印頂き、留学費用をお振り込み頂くと留学参加が確定いたします。
申し込み 留学申込書(別紙)に必要事項を記入の上、下記しおかぜ留学センターまでお送りください。
問い合わせ 留学に関する問い合わせ、質問、面接は随時受け付けておりますので、お気軽に下記しおかぜ留学センターまでご連絡ください。

粟島浦村教育委員会 しおかぜ留学センター
電話 0254-55-2248 FAX 0254-55-2248
メール info@awashima-shiokaze.org
[PR]
# by to_sisyun | 2012-11-26 01:57
  

原発はかたくなに反対します。後世の人の命が最優先だから
by to_sisyun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31