あさこはうす応援!
青森県下北半島の北端に、「マグロの町」で有名な『大間町』がある。

大間の老舗・浜寿司の鉄火丼、2,600円なり。
b0254635_4143445.jpg


b0254635_2493133.jpg

                                         Mapionから

昨年・平成22年9月14日、大間原発の敷地内に、1戸だけ残り原発建設に抵抗を続けている『熊谷あさ子さん(母・故人)と小笠原厚子さん(娘)』が建てた「あさこはうす」に、この車で行った。
車のすぐ後ろはあさこはうすの風力発電機、そのずっと後方に大間原発建設(フルMox)途中の重機が見える。

b0254635_335933.jpg


下北半島の北端、大間崎を南に下った、地図上の赤い+ が日本電源開発(J Power)による建設中の大間原発の位置である。福島第1原発事故を受けて、工事は40%程度の進捗で停止している。


b0254635_31241.jpg
左はあさこはうすの敷地の入口。
b0254635_32876.jpg
  

連絡もとらずに行ったので、あさこはうすの居住者、小笠原厚子さんは、東京の原発反対デモに講演者として呼ばれていてご不在だった。

下は、あさこはうすの正面。


                                           











下の図の、敷地の一角に「あさこはうす」がある。
図にある通り、電源開発はあさこはうすの立ち退きに失敗し、原子炉建屋を計画より、南へ200m移動して建設許可を取り直したそうである。
あさこはうすはスゴイ!
国道338号線からあさこはうすへの砂利道の入口に監視小屋があり、若い男が暇そうにしていた。
出入りする人間の数をチェックしているのだろう。

b0254635_3252843.jpg



大間原発の南側を通るのが、国道338号線、大間バイパスとも、「海峡ライン(正面の海は津軽海峡)」とも呼ばれる幹線道路だ。原発を迂回するためのバイパスであろう。
別の地図を見ると、「海峡ライン」は海岸沿いに延びている。おそらく今は、閉鎖されているのだろう。
338号線に限らず、下北半島の広い範囲に立派な道路が建設されている。莫大な原発関連のお金が注がれているに違いない。
 

 
ちなみに、大震災・福島事故からまだ間がない、去年6月青森県知事選挙が行われた。僕は、まさか大間原発・東通村原発誘致・六ヶ所村再処理工場容認の現職が当選するとは思っていなかったが、現実の青森県民の選択は誘致容認派が反対を上回った。

現職の三村候補を自民党と公明党が推薦し、新人の山内候補を国政与党である民主党と国民新党が推薦するという二大政党対決を軸とした選挙戦となった。(by Wikipedia)

Wikipediaがなぜかリンクできない。「2011年青森県知事選挙」で検索をお願いしたい。

2,011年6月5日の選挙で当選した三村伸吾氏は3期12年の長きにわたる県政を続けることになる。

三村氏は、電力会社に、全県に交付金を助成しないと、当選はおぼつかないと泣きついたと聞く。
それを証明するようなデータがある。青森県が出しているページだから疑いの余地がない。
1件につき、60億円、大間原発・東通原発・六ヶ所村使用済み核燃料再処理施設の計3件で180億円もの交付金が充当されると言う。

 
目先の損得勘定で、多くの青森県民は知事を選んだのではないのか?

福島県民の声、「電力大消費地のために地方の市町村民が犠牲になるのはもう懲り懲り」「電気も地産地消でお願いしたい。」青森県民の皆様!耳を澄まして聴いてみませんか?
あの京大助教・小出裕章先生も言っている、東京に原発をつくるなら、まだ納得が行くと。もちろん、大阪・名古屋・全国の大都市も同じである。

こちらは青森県が立ちあげているページである。

http://www.pref.aomori.lg.jp/kensei/shichoson/shichoson.html

下の表の、5と6の実施場所「県下全域」とある。出所が、「核燃料サイクル交付金を充当して行った県事業」とあるから間違いない。原発マネーの力を誇示したい青森県政が露骨に表れている。

b0254635_3312017.jpg



http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/energy/g-richi/files/H22-H23cycle-kenjigyou.pdf


青森県民はお金で買われて、安心・安全を売ってしまったのではないだろうか?
「県外の部外者は黙っていろ」と言われそうだが黙っているわけにはいかない。
福島県民の心の痛みを共有していたら、青森県民の選択は間違っていたと言わざるを得ない。

たとえば、関西でも大飯原発3・4号基再稼働の時に何度も報道に表れた、「福井県おおい町の時岡忍町長」

『あなたに稼働の是非を発言する資格はない』地方一町村長が原発再稼働にゴーサインが出せること、出すことが間違えている。マスコミもこんなレベルの町長を映像に取り上げるべきではない。『あなたにゴーサインの是非を言う資格がありますか?』と問うべきであった。
町長は、ゴーサインに少なくとも、逡巡を見せるべきであった。

 
毎年冬になると、東海道新幹線が関ヶ原・岐阜羽島あたりの積雪によって徐行運転を繰り返している。これはなぜか?冬場の風の通り道だからである。ひとたび、若狭湾の原発に破局事故が起これば岐阜県・愛知県にも甚大な影響が及ぶのに間違いはない。
それを思って岐阜県庁にメールを送ってみた。若狭湾の原発を止めるための発言が必要ではないのか?と・・・
以下、そのメールのコピーである。発信は2012年4月16日

県外からですが、提案させていただきます。
福井県大飯原発3・4号基の原発再稼働が取りざたされていて、京都府・滋賀県・奈良県・名古屋市長など近隣各府県知事や市長が発言しています。
岐阜県の方々の発言が聞こえてこないのが気がかりです。
私個人としては、原発全廃を望んでいます。去年の秋に福島県南相馬市の除染ボランティアに参加し、強くそう思いました。
東海道新幹線が冬季、頻繁に関ヶ原・岐阜羽島あたりで徐行するのが常になっています。なぜでしょうか?風の通り道だからです。
北陸に降る雪が北西季節風で運ばれてくるのは間違いありません。
もしも、仮に福井県の原発で福島並みの事故が起こった場合、関ヶ原あたりは福島県飯舘村と同じ条件がそろうことになります。
福島県のボランティアの帰りに飯舘村を通りました。
茫々たる耕作放棄地が続き、人の姿が見えない文字通り「死の町」でした。
お話ししたい趣旨はわかっていただけたと思うのですが、県知事・各市町村長の原発に関する発言を期待しています。 


返信は同年4月20日

秋田様

このたびは、大飯原発再稼働に関してメールをいただきました。

エネルギーの確保と安定供給は、国民生活や産業振興に関わる最重要課題であり、
福島第一原発事故を受け、どのような形で持続可能で整合性の取れた、
短期・中期・長期のエネルギー戦略を国民的合意の基に早急に再構築するかということが
国家的な課題であると認識しております。

しかしながら、原子力発電については安全が第一であり、
まずは今回の福島第一原発事故原因の検証・究明、更には、これを踏まえた安全対策が
講じられることは当然のことと考えております。

以前から、私どもは、また全国知事会としても、今回の事故に照らした安全基準を明らかにし、
それに則って判断するよう申し上げてまいりましたが、このほど、関係四閣僚により
「再起動にあたっての安全性の判断基準」が示されたところです。

この判断基準は全国の原発の再稼働に適用されるとのことですので、
国はこの基準の内容について、国民全体に丁寧に説明することが
必要であると考えております。

本県では、有識者による会議を開催するなどして、今回示された基準について
検討してまいりたいと考えており、検討の結果を踏まえ、必要に応じ国に対して
意見してまいりたいと考えております。

今後ともご支援ご助言をいただければ幸いです。
末筆ながらご自愛の程お祈りいたします。

平成24年4月20日
原子力防災室長(氏名省略)


ん?何が言いたいのか?『エネルギーの確保と安定供給は、国民生活や産業振興に関わる最重要課題・・・』
『しかしながら、原子力発電については安全が第一であり・・・』 いったいどっちなんだ?
ただのひとつのことも言っていないことがわかる。「当たらず触らず」が原子力村をつくってきたことがわかっていないし、わかろうともしていない。

やらせメールの、古川佐賀県知事が、その責任を国に丸投げしたのと同じ構図である。
 
青森県といい、福井県といい、岐阜県といい、佐賀県といい、悲しい現実がわが国民性である。


大間原発は、1976年に建設計画が持ち上がった。36年も前である。
いきさつは、Wikiの「大間原子力発電所」に詳しく書かれている。

こちらもWikipediaがリンクできない。

計画が立ち上がった当初は建設に反対する住民も多かったと言うが、保障問題が進展し、残ったのは熊谷あさ子さん1人だけになった。

こちらの動画は、TBS系列の「報道特集」である。これを観るといろいろなことが詳しくわかる。
残念ながら、Exciteではリンクできない。URLをコピーして検索すると観れるのでぜひ見ていただきたいと思う。

http://www.veoh.com/watch/v24888847YDBrH9pH?h1=%E5%A4%A7%E9%96%93%E5%8E%9F%E7%99%BA%EF%BC%9A%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%82%89%E3%81%8B%E3%82%89300m%E3%81%AE%E6%B0%91%E5%AE%B6%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%93%E3%81%AF%E3%81%86%E3%81%99%E3%81%8C%E5%95%8F%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8

「お前が反対するから、地元に小学校ができない」とかさまざまな脅しや、会合への呼び出し(接待)等を受けたが、なお反対を貫き、地元住民から白い目で見られ、村八分になったという。
母、あさ子さんは子供を巻き添えにしないために、原発反対のことは厚子さんには話さなかった。
熊谷さんの両親は大間の海で生計を立てる漁業者だった。生活の基盤の海を守ること、原発への不安を貫いたのである。
 
そこに、金にまつわる事件が起こり、厚子さんが原発反対をしてきた母を、初めて知ることとなった。
 
事件の概略は、原発建設のための助成金・1億円を受け取った地元建設業者が、そのうちの7,000万円を使って熊谷あさ子さんを買収しようとしたことが発端である。建設業者の、従業員2名が、高級乗用車に乗って、あさ子ハウスの近くまで行った。
 
2人は、ここで狂言強盗を演じる。一人が粘着テープで縛られもう一人が現金を盗み、のちに二人で山分け・・・といった段取りだったらしい。
上の動画に詳しいことが報道されている。
 
 
さまざまな迫害をはねのけて、母・熊谷あさ子さんは、大間原発建設反対を訴え続けながら、5年前に亡くなられた。
母の遺志をついで、今も小笠原厚子さんが「あさこはうす」で頑張っておられる。

b0254635_5162479.jpg    
 
左 母 熊谷あさ子さん  下 娘 小笠原厚子さん       


b0254635_517435.jpg
 

  








あさ子さん・厚子さんの頑張りで電源開発は、原子炉建屋の位置を200m南に動かして、工事許可を取りなおした。
1家庭のために、原発工事の計画を変更させた快挙であるが、電源開発は工事を中断とはしていない。闘いはまだまだ続く。

   

施工者の、電源開発は、工事着工に伴い、熊谷さんを提訴したが、熊谷さんは函館市民とともに、逆に工事差し止めの訴訟を起こし、現在審理中である。
なお、僕も函館の第2次工事差し止め訴訟の原告になっている。
 
函館は、大間の対岸であり、市の一部は30km圏内にあたるが、交付金などの補助金はなく、ひとたび事故が起これば、100%被害者になる可能性があり、反対運動が高まっている。大間の真北に位置するのが北海道の「亀田半島」で函館市に含まれる。


b0254635_5304434.jpg


小笠原さんは訴え続けている。人の出入りがなくなると、不必要と判断されて、取り付け道路が閉鎖されてしまう。
これを守るために、全国から応援の手紙をお願いしている。郵便配達員が常時出入りしていれば、閉鎖はできないと言う。



できるだけ多くの方にお手紙・お葉書を送っていただきたいあさこはうすの生命線のポストだ。

b0254635_536026.jpg

 
先日(15日)、小笠原さんと電話連絡を取り、彼女のブログの一部コピーの了解と、あさこ通信の購読(年間購読料3,000円)・あさ子郵便(5枚1組の絵葉書、1,000円)の発送をお願いした。
電話に出た厚子さんは、僕が、去年訪れて名刺をポストに入れておいたのを覚えていたのか大変気さくで話しやすい人だった。
「今は、暖かくなり、訪れる人が多くてとても忙しい。」そうだ。
 
 
以下、あさ子ハウス通信のURLと一部コピー。

http://asakohouse.cocolog-nifty.com/

2012年5月15日 (火)
あさこはうすの情報
住所
*あさこはうすゆうびんの宛先

0394601
青森県下北郡大間町字小奥戸396あさこはうす

電話番号
*あさこはうす訪問のアポイントメントなど

09095284168(小笠原方)

郵便振替口座
*通信・通販申し込み、カンパ先

02760-3-66063
あさこはうすの会


東京の原発反対デモと参加した小笠原厚子さんのお話し、大間の原発反対デモの you tube が届いたので添付した。






 

今から、近くの郵便局へ行って、あさこはうす郵便とあさこはうす通信の振替に行ってくる。
と思っていたが、途中で振り替えに行き、編集しているうちに徹夜になってしまった。

 
[PR]
by to_sisyun | 2012-07-18 06:20

原発はかたくなに反対します。後世の人の命が最優先だから
by to_sisyun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31