残念!たね蒔きジャーナル終了・・・
長い間、京都大学助教・小出裕章先生のお話を送り続けてきたMBS(大阪毎日放送)の「たね蒔きジャーナル」が 先日の9月28日で終了しました。

小出先生の出演した放送をいくつか取り上げてみます。

今日10月9日の時点で一番古い小出先生の出演された放送は
2011年3月25日「★作業員の被曝(爆・誤字)について」



スタジオ生出演の最初は2012年3月7日でした。
このときは、原発推進派、東京工業大学原子炉工学研究所助教・澤田哲生先生との対談形式です。

http://www.youtube.com/watch?v=0fSFvekYbP8&feature=BFa&list=ULB9DXhuVrmrI
(この動画は埋め込みコードが無効、リンクもできませんでした。)

最後の出演は、2012年9月26日でした。



そして、生まれ変わったMBSの番組名は2012年10月5日から始まった「報道するラジオ」です。その初回は「原発作業員が語る福島第一原発のその後」です。

こちらも重い内容の放送になっています。テレビで取り上げない大事な事実を報道しています。

私たちが、この事実を知らずにいると(支援をせずにいると)、原発事故の収束作業が途中でストップしてしまうかもしれない大問題です。東電や、政府になんとか働きかけをして作業員への待遇改善をしないと、すべての原発に廃炉はおろか、運転停止もできないことになりかねない状況だと思います。



ラジオを聞いて、何かしらのアクションを起こさないといけませんね。
[PR]
by to_sisyun | 2012-10-09 07:36

原発はかたくなに反対します。後世の人の命が最優先だから
by to_sisyun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31