ぜひ読んで欲しい、満州引揚の実相を語る人の日記(1)
 DeNA の SNS・しゅみーと倶楽部の仲間、終戦当時13歳、現在75歳の方の日記です。僕も知らない、こまごまとした満州からの引き上げを描いています。

自分と同世代の人にも、もっと若い人にもぜひ知って欲しい引き上げの実相です。
同時に、領有権問題で熱くなっておられる方が多い昨今、その方面の方にもぜひ知ってほしい当時の中国の人々のことが語られています。



   「旧満洲の敗戦当時の想い出」1

太平戦争当時、私達家族は旧満州哈爾浜(ハルビン)市に住んでいました。

写真は満州を中心とした地図です。

b0254635_18264799.jpg

























父は最後の召集(根こそぎ動員)で8月13日敗戦の2日前に哈爾浜より南の撫順(ぶじゅん)に行きました。

敗戦の時、私は小学校3年生の夏休みでした。

敗戦の日の朝、生徒は学校近くの公園に集合と連絡が入り、次兄と近所の男の友人と何事だろうと話しながら公園に行きました。

写真は連合国最高司令官・ダグラスマッカーサーです。
マッカーサーは、厚木から直接東京には行かず、横浜のホテル「ニューグランド」に12日間滞在した。

b0254635_18465679.jpg

その時兄たちは沖縄戦のとき、小学生(当時は国民学校生と呼んでいました)が手留弾で戦った話を聞き、多分手留弾の演習をするのだろうと話をしていました。

次兄はその時小学5年生で、休み前は、手旗信号、無線信号、ほかに農場に行って作業ばかりしていました。
長兄は中学1年生。毎日、脚絆(当時はゲートルと言っていました)を巻いて、学校から提供された木銃を持って学校に通っていました。

1番上の姉は高等女学校(今の中学校に当ります)の3年生で、夏休みに入りすぐに開拓民の農家の手伝いに行っていました。
まだ女学生で農家の家の子供の子守と、食事の支度、風呂沸かしの手伝い程度の作業だったと聞いています。
8月9日ソ連軍が満州に進撃した為に、女学生だけはすぐさま、帰宅することになりました。

行き先は哈爾浜から汽車に乗り、荷馬車に乗り1日以上もかかる垃方(ラホー)と言う開拓民部落でした。

写真は満州鉄道の蒸気機関車です。

b0254635_18285990.jpg


姉はいち早く帰宅しましたが、男子の中学生は一日遅く出発した為に、雨の為に川が氾濫したりして、命懸けの帰宅となったとあとで聞きました。

開拓民の成人男子はその年の六月頃から召集されて、男手はなく婦女子だけの農作業をして、男女中学生までも駆り出されて応援に行っていました。

お国の為と言われ、日本が負け戦など知らされずに、学業よりも作業が大事だと先生達から言われていたのでしょう。

姉は自宅に帰ってから、街の陸軍病院に奉仕作業と言われて行っていました。
兵隊の指導の元、急病人、負傷者の手当てから担架で移送の訓練、また、木銃で射撃の練習などをさせられていたと聞きました。

お国の為だと、多くの人達が開拓団として満州に行きました。

10月1日のTBSの「残留婦人強行帰国」を見て戦争の悲劇を今に伝えてくれました。

今夜の夕食の時に当時の食事について家内と話をしました。
お米がなく、食べる物もない時に母の苦労を今の人達にも伝えたいと思い立ち今日から思い出しながら、つたない日記を書かせてもらいます。

特に、中国・韓国と島の領有権問題の対立をしています。
政治に関してはまるで素人です。唯あの時の中国人が私達敗戦国民に対して、戦争を起こした政府が悪い、在満国民は被害者だと多くの中国人が私達をかばってくれたこと、また逆に虐待を受けた人達の事を、書き足して見たいと思います。


中国人、韓国人と再び友好信頼、関係ができることを期待しています。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-11-08 18:58
関西電力へ要望書提出
11月4日の大飯原発敷地内断層調査の第1回有識者会合では、「活断層だ。」「地滑りかもしれない。」で意見が割れて、原子力規制委員会としてのまとめができなかった。

これを受けて、7日に第2回の有識者会合が予定されている。
この時には、関西電力も会合に参加する見通しだと言う。

大飯原発敷地のほぼ中央を通るF6破砕帯がはっきり「活断層だ。」と断定したのは、渡辺満久東洋大教授。
異論を唱えて、「もっと広い範囲で調査しないと、地滑りの可能性もあり、活断層だとは断定できない。」とした岡田篤正立命館大学教授。

渡辺先生が第1回有識者会合の前にメンバーに送った、確認しておきたかった(資料3)のPDFファイルのURLはこちら。

http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/ooi_hasaitai/data/0001_08.pdf

せっかく事前に配布した文書を岡田氏に無視されたような会議になり、内心いら立ちがあったろうと思う。

反論する岡田篤正氏という方、前日本活断層学会会長だという。活断層学会の「ドン」だそうだ。

会議の行方は予断できない。

関西電力は、原発依存率が高く、大飯原発を学会や世論によって止められたら、ほかの原発の再稼働はほとんど可能性がなくなる。

ゆくゆくはすべて廃炉となれば、倒産間違いなし。

だから、関西電力も死に物狂いで、なりふり構わずなにがなんでも、運転を続けたいところだろう。

美浜の会では、5日、7日の会合に備えて、関西電力に「要望書」を提出してきた。

b0254635_5263588.jpg













当初、関西電力は「受け取りを拒否します。」と伝えてきたと言う。「郵便なら受け取ります。」と小バカにした対応をしたと言う。
美浜の会では、多くのマスコミに連絡を入れ複数のメディアが「要望書」の提出を取材することを確認してあった。

これを、関電に伝えると、しぶしぶ「受け取りを約束した」と言う。

関電前に行って見ると、確かに複数のマスコミが集まってきていた。

はっきりわかったのは「毎日放送」だけだったが、マスコミの力は大きいと実感した。

b0254635_5275221.jpg


このあと、いくつか美浜の会以外にも参加した団体の要望が続いた。
一段落した後で、事務局長が、参加された皆さんからも要望があったらお願いします。
との声で、僕も2番目に要望してきた。
『福島事故の後の原発再稼働は重大な犯罪行為である』といったことを言いたかったがうまく言えなかった。。。
でも、パラパラと拍手ももらえたのでよかった。


今までの活動にはほとんどマスコミは現れず、Ustreamだけが伝えてきたようだ。


最後に、参加者全員・事務局長の音頭で、関電に向かってアピールをしてきた。
毎週金曜日の関電前の抗議行動の若者に負けない元気な事務局長でした。


b0254635_5325640.jpg












渡辺満久先生が所属する、東洋大学のページのURLです。

http://www.toyo.ac.jp/soc/dsoc/watanabe_j.html

この中に、先生へのメールアドレスがあります。

とても忙しいだろうし、ストレスもさぞかし大きいだろうとは思いますが、応援メールを送りました。

今週の金曜日もまた、関電前の漕ぎ行動に参加する予定です。
関西地区の皆様、多くの参加をお願いします。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-11-06 06:44
大飯発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合 評価会合
11月2日の、大飯原発敷地内現地調査に基づいて、今日はこのあと14:00からUstream でタイトルの会合が生中継される予定です。
お時間がありましたらぜひ観てください。

予定表のCh3です。お見逃しなく・・・

http://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html

【Ch3】大飯発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合 評価会合
日時11月 4日 (日), 14:00 ~ 17:00
場所環境省第一会議室 (地図)
説明[日時] 2012年11月4日(日) 14:00~ [場所] 環境省第一会議室(東京都千代田区霞が関 1-2-2 中央合同庁舎 5 号館22階) [議題] 大飯発電所敷地内破砕帯に係る現地調査の結果について [詳細]

http://www.nsr.​go.jp/committee̴..
[PR]
# by to_sisyun | 2012-11-04 12:11
一緒に行きませんか?
木下黄太先生(本名・小野俊一先生?)の講演会の参加を申し込みました。
木下先生の有名なブログ「院長の独り言」のURLです。膨大な内容ですが・・・
http://onodekita.sblo.jp/

先生から返信があり、複数の参加を希望されているようですので、よろしかったらどなたか一緒に参加しましょう。
もちろん別行動でもおっけーです。

木下先生からの返信です。

11月24日、小野俊一先生講演会「フクシマの真実と内部被曝」お申込みありがとうございました。
ぜひ、身近なお知り合いのかたもお誘いいただけると幸いです。
講演18:15~21:30(開場17:45)場所:尼崎市女性センター・トレピエです。
当日、気をつけてご来場下さいませ。


講演会申込ページのURLです。
http://kokucheese.com/event/index/57682/

追伸・・・みなさまは既にご存知かと思いますが、福井県で住民が大飯原発運転差し止めの訴訟を起こしたそうです。

大飯原発差し止め、県民ら提訴へ 11月にも福井地裁に
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restar..
[PR]
# by to_sisyun | 2012-11-04 03:33
大手マスコミは隠ぺいをするな!公共放送としての特にNHKに対して
以下の文面をFaxでNHKに送ります。

昨日、各報道機関から一斉に関西電力発表の、大飯原発で活断層と疑われている「F6破砕帯」に関するニュースがネットに流されました。
写真入りで、丁寧に扱った社、文章だけでサラッと扱った社、いろいろでしたが、共通するのは関電からの情報の垂れ流しだったことです。
垂れ流しで、マスコミは散々叩かれたのではなかったのですか?
関電の発表する情報を100%信じているのですか?
ウソを重ねてきた電力会社が、本当の話をするわけがないではありませんか!
NHKをはじめとするマスコミ関係者の不勉強に怒りを感じます。


NHKでは10月29日と、31日のニュースが流されました。下のURLです。
関電の発表は下の「ゴシック」体にあるとおりです。これを何も知らない人が見たら、『そうか!それなら安心だ!』となるではありませんか!

仮にも、公共機関たるNHKが、多くの方から受信料をいただいて、もし仮に大飯原発で、福島原発事故並みのことが起こったら、こんな報道をしていたことが許されると思っていますか?!

大飯原発“「活断層ではない」を覆すデータなし”10月29日 05:05

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121029/k10013078291000.html

こちらのニュースの動画にある、最初の映像は       ↓
                 
             
b0254635_19511851.png

大飯原発運転差止仮処分命令請求の原告団が問題にしているのは、この「F6破砕帯」と「Sクラス(A、B、Cより重要)施設」非常用冷却水取水路が「F6破砕帯と交差」している点です。審尋の中でも取り上げられた図ですから、NHKがまさか知らなかったでは通りません。その図は            ↓
                                     b0254635_19522822.jpg                 
この「F6破砕帯」がもし上下あるいは水平にズレたとしたら、上記破線で図示された水路が破壊されます。
どんなに強い地震に、どんなに大きな津波に、原発本体が耐えられたとしても、電源がSBO(ステーション・ブラック・アウト)でなくても、冷却水が注入されなければ、当然炉心溶融が起こります。
このぐらいのことは記者として事前に知識を持ち、関電の発表の段階で追及するべきでした。

大飯“活断層でない” 関電が中間報告 10月31日 14:32

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121031/k10013144611000.html

こちらのニュースではブルーシートが気になります。この裏に何が隠されているか聞きましたか?
b0254635_19531947.jpg

                  

動画を進めていくとさらに広い面がブルーシートに覆われている場面が出てきます。

こんな報道をしていると、視聴者はバカではありませんから誰も受信料を払わなくなりますよ。

今まさに、運転中の原発が司法によって『運手停止』を命ぜられる瞬間が近づいている最重要な仮訴訟・行政訴訟です。
傍聴や原告団の報告会に参加してもカメラを持ち込んでいるのはIWJだけ。
大手マスコミとしては恥ずかしさを感じないのですか?罪深いとは思わないのですか?
福島の被災者を二度と出してはならないのが私たち大人の責任ではありませんか!!

もう少し、賢いNHKに進化してほしいと願っています。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-11-01 20:00
  

原発はかたくなに反対します。後世の人の命が最優先だから
by to_sisyun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31