福島県の県民健康管理調査の『秘密』検討委員会メンバーの自己紹介
twitter 「emi kiyomizu」さんのツイートです

しっかりこの悪人達の顔を見てください. (福島県の県民健康管理調査の検討委員会で、事前に見解をすり合わせる「秘密会」のメンバー)写真.(URL Excite とリンクできません。)

http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-892.html

… 原発事故とがん発生の因果関係を否定する秘密会議

いささかつるし上げの感が無きにしも非ずですが、福島県民に対する犯罪行為をした者たちを裁かねばなりません。
以下、正副県知事・秘密会議メンバー・秘密会議オブザーバーの順で名前・肩書き入りの写真を公開します。



ニュースでは取り上げられませんが、どうやら元凶は、佐藤雄平福島県知事のようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E9%9B%84%E5%B9%B3

Wikipedia と Excite がリンクできませんので、「佐藤雄平」で検索できます。

2 プルサーマル計画受け入れ
3 福島第一原子力発電所事故への対応 3.1 東京電力に「放射能による健康被害の心配はない」と発表するよう要請
3.2 福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの委嘱
3.3 SPEEDI問題
3.4 安定ヨウ素剤投与指示について(いわき市と三春町は独自に安定ヨウ素剤の配布を行った)
3.5 事故は人災、の認識示さず

事故以前は、プルサーマル受け入れで、自民党国会議員と策謀をめぐらし、事故後は県民の健康を考えるどころか、被曝量を矮小化し、住民の流出をやっきになって止めている悪魔知事です。

このニュースでは村田文雄福島県副知事が前面に出ていましたが、裏で糸を引いていたのがこの男「佐藤雄平」に間違いありません。
b0254635_2357163.jpg

私は福島県知事の「佐藤雄平」です。民主党最高顧問・「渡部恒三」の甥です。私がプルサーマル導入を決定しました。
「ごめんなさい」言いましたか?
東電に食いついてみたり、一見県民の味方ぶりっ子してますが、実は・・・嘘なんです。

b0254635_034453.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバーです。知事が隠れていますので、私が秘密会を行ったことを謝罪しました。「ごめんなさい、もう・・・しません」福島県副知事の「村田文雄」です。

「秘密会議の中心メンバーです。」

b0254635_037223.jpg
私は福島健康調査「秘密会」メンバーの座長、福島県立医科大学副学長(福島県放射線健康リスク管理アドバイザー)・長崎大学の「山下俊一」です。

b0254635_045254.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバー、広島大学原爆放射線医科学研究所長・教授(山下俊一と共に福島県放射線健康リスク管理アドバイザーをしている。)・広島大学の「神谷研二」です。

b0254635_0501394.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバー、福島県保健福祉部長の「菅野裕之」です。

b0254635_0543218.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバー、放射線影響研究所主席研究員の「児玉和紀」です。

b0254635_0594321.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバー、環境省環境保健部長の「佐藤敏信」です。

b0254635_121186.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバー、日本学術会議副会長(国立医薬品食品衛生研究所安全情報部長)の「春日文子」です。

b0254635_15137.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバー、放射線医学総合研究所理事の「明石真言」です。

b0254635_174083.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバー、福島県立医科大学理事兼副学長(教授)の「阿部正文」です。

b0254635_194418.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバー、福島県医師会常任理事の「星北斗」です。

b0254635_1121312.jpg

私は福島健康調査「秘密会」のメンバー、福島県立医科大学医学部 公衆衛生学講座主任(教授)の「安村誠司」です


ここからは「秘密会議のオブザーバーです。」

b0254635_1171897.jpg

私は福島健康調査「秘密会」にオブザーバーとして参加していました。内閣府原子力災害対策本部原子力被災者生活支援チーム医療班参事官の「渕上善弘」です。

b0254635_1201011.jpg

私は福島健康調査「秘密会」にオブザーバーとして参加していました。文部科学省科学技術政策研究所総務研究官の「伊藤宗太郎」です。

b0254635_123293.jpg

私は福島健康調査「秘密会」にオブザーバーとして参加していました。厚生労働省大臣官房厚生科学課健康危機管理官の「小澤時雄」です。

b0254635_1242347.jpg

私は福島健康調査「秘密会」にオブザーバーとして参加していました。公立大学法人福島県立医科大学医学部 小児科学講座主任(教授)の「細矢光亨」です。

b0254635_1272338.jpg

私は福島健康調査「秘密会」にオブザーバーとして参加していました。公立大学法人福島県立医科大学医学部 産科婦人科学講座主任(教授)の「藤森敬也」です。

b0254635_1302480.jpg

私は福島健康調査「秘密会」にオブザーバーとして参加していました。公立大学法人福島県立医科大学医学部 器官制御外科学講座教授の「鈴木眞一」です。

b0254635_1323479.jpg

私は福島健康調査「秘密会」にオブザーバーとして参加していました。公立大学法人福島県立医科大学医学部 放射線健康管理学講座教授の「大津留晶」です。

b0254635_1382299.jpg

私は福島健康調査「秘密会」にオブザーバーとして参加していました。公立大学法人福島県立医科大学医学部 放射線生命科学講座教授の「坂井晃」です。

b0254635_1402286.jpg

私は福島健康調査「秘密会」にオブザーバーとして参加していました。公立大学法人福島県立医科大学医学部 神経精神医学講座准教授の「矢部博興」です。



いかに罪深くても、小佐古敏荘内閣官房参与が、「20mSv/年」を強く批判して辞任したように、これらの方々もすべて、涙の記者会見をお願いします。福島県民と、全世界に向けて謝罪しなさい。そして、自ら退任し、その足で福島県警に自首しましょう。


それでも、県民への影響が少ないと主張されるなら、「私は秘密会議に出席したメンバーです。」と看板を持って堂々とお仕事をなさってください。

いいですか?正副県知事もですよ。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-10-13 01:58
「美浜の会」ML(メーリングリスト)から
関西の皆さまへ

下記、ひどい話です。


no-moxの杉原さんのメールを転送します。

ぜひ、抗議しましょう。

原子力規制委員会~公安警察に委員会監視を要請

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 Greens Japan)です。

原子力規制委員会の会議に、原子力規制庁の要請に基づいて麻布署の
公安警察が入り込み、傍聴者とメディアを監視していることが明らかにな
りました。

規制庁、規制委員会の市民蔑視の姿勢は恐るべきレベルに達しています。
人事の見直しは最低限の要求です。OurPlanet-TVの白石草さんのメール
を転送します。動画などをぜひご覧ください。また、規制庁への抗議・要請
にもご協力ください。[転送・転載歓迎/重複失礼]

【抗議・要請先】
→ 原子力規制庁 政策評価・広聴広報課 委員会室
→ 原子力規制庁 政策評価・広聴広報課 委員会室
(TEL)03-5114-2114 (FAX)03-5114-2173
(E-mail)nra-bocho@nsr.go.jp



東大闘争と、天安門事件は同じだ!
関電前の抗議運動では「転び公妨」、「不当逮捕」
これから我国でも権力との闘争が始まる。
政府も、元政府も、大手マスコミも、最高裁もひっくり返そう!

下の you tube は昼間の大阪地方裁判所、大飯原発運転差止仮訴訟の第6回審尋に向けて、裁判官へのアピールをアイホンで撮ったものです。



「歴史的な判決」まであとひと押しです。
こんな大事な裁判に、カメラが入ったのは Ustream のみ。こちらはIWJ(Independent Web Journal)=Ustreamのボランティアカメラマン柏原さんの映像です。
1時間の映像ですが、最初の8分44秒までは画像が乱れています。Excite と Ustream はリンクしていません。

http://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1#/recorded/26041419

原告団の記者会見場には大手マスコミが20人ほどいましたが、かったるそうに速記をするのみで、カメラは一切なし。
質疑応答でも、自信なさ気な小さな声で「ぼそぼそ」聞くだけ。
大手マスコミは原発事故の最高裁に次ぐ大加害者である。

会場ではこんな場面も、、、
記者団の質問が途切れた時に居合わせた原告と思われる男性が遠慮がちに質問しようとしました。
躊躇しているうちに、記者のひとりが「ここは記者会見だから、あとで」と言って遮り、「ほかに質問ありませんか?」と他の記者に聞き、質問が出なかったので、記者会見を終了させました。
何という横暴な!大手マスコミ!
なぜ、さっきの人の声を聞こうとしないのか?

ダマスコミ追放!!!
[PR]
# by to_sisyun | 2012-10-11 06:02
残念!たね蒔きジャーナル終了・・・
長い間、京都大学助教・小出裕章先生のお話を送り続けてきたMBS(大阪毎日放送)の「たね蒔きジャーナル」が 先日の9月28日で終了しました。

小出先生の出演した放送をいくつか取り上げてみます。

今日10月9日の時点で一番古い小出先生の出演された放送は
2011年3月25日「★作業員の被曝(爆・誤字)について」



スタジオ生出演の最初は2012年3月7日でした。
このときは、原発推進派、東京工業大学原子炉工学研究所助教・澤田哲生先生との対談形式です。

http://www.youtube.com/watch?v=0fSFvekYbP8&feature=BFa&list=ULB9DXhuVrmrI
(この動画は埋め込みコードが無効、リンクもできませんでした。)

最後の出演は、2012年9月26日でした。



そして、生まれ変わったMBSの番組名は2012年10月5日から始まった「報道するラジオ」です。その初回は「原発作業員が語る福島第一原発のその後」です。

こちらも重い内容の放送になっています。テレビで取り上げない大事な事実を報道しています。

私たちが、この事実を知らずにいると(支援をせずにいると)、原発事故の収束作業が途中でストップしてしまうかもしれない大問題です。東電や、政府になんとか働きかけをして作業員への待遇改善をしないと、すべての原発に廃炉はおろか、運転停止もできないことになりかねない状況だと思います。



ラジオを聞いて、何かしらのアクションを起こさないといけませんね。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-10-09 07:36
「大飯原発運転差し止め仮訴訟」学習・座談会
10月6日の3番目の目的地は大阪・西天馬の大阪地方裁判所近くのビルだった。

関電前を離れたのは5時半を回っていた。学習・座談会の予定時刻は6時半。歩いていける距離だとは思ったが、とんでもない方向音痴だから歩くのやめた。

久しぶりにタクシーに乗って、運転手に地図を渡してお任せ・・・
ここで今時のタクシードライバーは「ナビ」を使うのを知った。
知らなかっただけで、当たり前なのかもしれないがおかしかった。
b0254635_78272.jpg


とにかく会場近くで停車し1,060円の料金だった。
きっと歩いたら間に合わなかった。

会場予定のビルはすぐにわかったが・・・そこは「美浜の会」の事務所のあるビルで、学習・座談会は別会場だと聞き、担当の方が表通りまでついてきてくれて、あの黄色い看板を左に曲がって行くと、西天馬小学校があり、その先に平屋・中二階つきの古民家があり、そこが会場だという。

緑色の庇が出ているときと出ていないと気がある???と教えられ、わかったつもりで歩いてみたが一向にそれらしい古民家が見つからない。行きつ戻りつしながら土地の人に聞いたがよくわからないらしい。

あれがそうではないかと言いながら指さしてくれたのは別な通りのそれらしいお店。

言われるままにその店に向かったが、店に入る通路がまたよくわからない。
うろうろしているうちに自分がどこにいるのかも分からなくなった。

6時半が近づいてきて、「美浜の会」に電話をして「今、西天馬1丁目にいます。」と言ったが、相手の人が西天馬1丁目を知らないという。

困ったが西天馬小学校を思い出して、通りがかりの人に聞いてとりあえず小学校まで行きます。電話口の人にお話をした。小学校の角に信号があるからそこで待つように言われた。

しばらく歩いて、信号に到着。そして又しばらく待つと美浜の会の人が迎えに来てくれた。

会場は行きつ戻りつしたところのさらに向こうだった。。。
足が痛くなった。


閑話ばっかり・・・
肝心の学習会は、20人ほどの集まりで、加圧水型原発の制御棒は圧力容器の上にあり、大きな地震動を感知すると電磁石で固定された制御棒の電源が切れて、自由落下して燃料棒の間に入る仕組みだという。

大飯原発3・4号基の近くにはわかっているだけで3つの活断層があり、当初関電は3連動はないと主張していたが、裁判所が存在を認めると、2連動よりも3連動のほうが揺れが小さくなるとわけのわからない主張を始めたという。

ここで制御棒が圧力容器に収まるまでの時間が原子力安全委員会から2.2秒と言われている中で、関電の主張は
2連動の場合、1.88秒。3連動の場合1.83秒。と計算したという。
講師の先生は短い間隔で「何か質問がありますか?」と聞いてくれるので質問しやすかった。

わけのわからない算出根拠を確かめるために関電側の専門家と、原告側の専門家が同じ場所で同じデータをもとに計算をしたらより正しい値が出るのではありませんか?と聞いた。

講師は「それは無理でしょう。関電がOKするとは考えられない」のだそうだ。

そうこうしているうちに、国にはデータを示さず、福井県あてに、制御棒が落下するのに11秒までは大丈夫と言いだしたそうである。
しかも、この11秒というのは平常時の値で、地震動のことは考慮していないという。この報告を真に受けているのかいないのか福井県の反応も信じられない。
 
棺電は盗電よりひどいのではないのか?
何人もが質問を繰り返しながら学習会が続けられたので聞き間違えはなかったと思う。

かなり難しい内容だったのだと思うがわかりやすく説明してもらえてとてもよかった。

10月10日は次回の審尋。
大阪地方裁判所前午後3:00集合。
裁判所に向けてアピールをするという。
これがまた、普通ではない。裁判官への応援アピールだという。
裁判官はもう少しで、原告の立場に立ちそうだから応援するというのだ。
前回は審尋が始まってから地方裁判所に着いたが、今度はアピールに間に合うように行ってみたい。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-10-09 07:14
不当逮捕の現場・関電前を行く
10月5日の不当逮捕は、大手マスコミは取り上げたところがあるのだろうか?

去年11月11日、「Wakamono原発サミット②」という若者の団体が旗揚げをした。


ゲンちゃんという物静かな青年が twitter などで呼びかけをして、20人ほどのメンバーで発足した。


このメンバーたちが、2011年11月14日から、関電前で120時間連続の座り込みをするという。
11月の半ばはとても寒かった。

応援には行ったが、座り込みはできなかった。初日と三日目と最終日の3回応援に行った。

三日目にはカセットコンロと土鍋を持っておでんを作り食べてもらいたかった。しかし、火の気は厳禁とのことで、しかたがないから近くのコンビニのおでんを買い占めて持って行った。だいぶ喜ばれた。
b0254635_6342770.jpg



最終日とその前日は雨だった。テントもなく、コンクリートの上に寝袋、その上にブルーシートという甚だ辛い状況で5日間頑張りとおした。


「今の若者は」見直すべきであると思った。

その後の消息は分からなかったが、昨日の事件で気になった。
まさかゲンちゃんが逮捕???

座り込みと原発反対の抗議は毎日続けられていると勝手に思い込み、大阪駅のオスプレイ配備反対行動の場所から、関電前まで行ってみた。

関電前は誰もいなかった。近くの店の人に聞いたら毎週金曜日だけの抗議行動だと知らされた。
不当逮捕された人の名前も別なページから知り、ゲンちゃんではないことが分かった。


このあと3番目の目的地に向かいます。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-10-09 06:35
  

原発はかたくなに反対します。後世の人の命が最優先だから
by to_sisyun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31