アメリカの孤立・日本の孤立

イスラエル系のアメリカ人によるムハンマド冒とく映画で世界中のイスラム諸国から反米の動きが広がっている。

オバマ大統領やクリントン国務長官も火消しにやっきになっているが、当分消えそうにない。

表現の自由はときとして、国家の存続を危うくする。

リビア・ベンガジでの領事館襲撃はロケット砲で行われたという。ベンガジといえば、反カダフィでアメリカと共に戦った地域ではなかったのか?

b0254635_0205078.jpg











  2012・9・11 リビア・ベンガジ領事館襲撃


アメリカはいつも敵の敵は味方だと勘違いしてきた。
今回も同じ過ちを繰り返した。
「敵の敵は、また新たな敵だった」のだ。

敵であろうと味方であろうと、自国民が攻撃されようと、武器商人がもうかればよいと思っているのかもしれない。

今回の反米デモや襲撃事件について、僕は思う。
自分が信ずる信仰が、それ以外の宗教を否定するような傲慢な態度は、ある種の優越意識の表れだ。

僕はイスラム教が真理だと思うほどイスラムについて知っているわけではない。
キリスト教についても同じである。

しかし、キリスト教徒の一部はいつもイスラム教徒に対する優越意識を持っていると感じている。


昨今、日本海の「竹島」と東シナ海の「尖閣諸島」でいろいろと騒動が起こっている。

マスコミは騒動ばかりを伝えて、その根本原因を質そうとはしない。
政府も野田総理を含めて、「どちらも我国固有の領土であることに疑いはない」とだけ述べているように思われる。
おそらく日本国民の大多数がこの主張に肯いているのではないだろうか?
僕はこのことに疑問を持っている。
野田総理は、「我国固有の領土」と主張するなら国民にその根拠を示すべきであると考える。

愚かな人々は、「我国固有」に疑問を持たず、反韓・反中で声をあげている。

真相はわからないが、東京・新大久保では、朝鮮の人が襲われたという。
関東大震災でのデマによる朝鮮人虐殺と同じことが起こっているのかもしれない。

人々は言うだろう。中国ではその何倍もの被害を与えているではないかと…
しかし、戦禍で与えた被害には遠く及ばない。


韓国・中国とも国交回復には「戦後賠償」を「経済援助」という詭弁で片づけた背景がある。
多くの人が言うように、この経済援助で韓国も中国も見事に発展を遂げたのは確からしい。

しかし、僕は賠償を援助という形にしたことで「謝罪」の意味を含ませなかったことが、反日感情の根底にあると考えている。

これに加えて、度重なる戦争加害者としての戦禍の矮小化、正当化が火に油を注ぎ続けてきた。

一向に過ちを改めない日本国民に対する韓国民・中国国民による反日感情がおさまらない原因である。

アメリカ人のムハンマド冒とくと、日本国民の一部に見られる歴史修正主義は、アメリカの世界からの孤立・日本の東アジアからの孤立を生みだすと疑いを持たない。

表現の自由は大切な権利である。僕がこう書いているのも表現の自由があるからであろう。

しかし、自国の利益追求、優越感の主張のために使われてはならない権利だと考える。

表現の自由が健全に保たれるように、節度のある表現をしていかないと亡国の権利となるであろう。

原発事故で誰一人責任を取らない日本人と、戦争責任を取ろうとしない日本人は同一の反省を知らない国民性の現れである。

まったく同じことが、原爆投下を今も正当化しているアメリカ国民が多くいるらしいこととよく似ている。
[PR]
# by to_sisyun | 2012-09-22 00:35
天皇の戦争責任と原発事故
いきなり韓国大統領イミョンバク氏の竹島上陸や、香港活動家の尖閣諸島上陸で、島国日本の領海が脅かされている・・・

本当か?

ウソだ。

もともと領有権なんぞは、日本にも韓国にも、中国にも台湾にもないのだ。

海底油田とか、漁業権などの経済を抜きにしたら争うことはまったくない。

僕は、竹島にしても尖閣諸島にしても、平和的に周辺諸国の交渉によってのみ解決できるものであると信じている。
北方領土ももちろん同じだ。
双方が我国固有の領土だと主張していてはらちがあかない。延々と対立を繰り返すだけで最悪戦争にもなりかねない。
力づくで解決しようとしたのが戦前の我国である。今後は絶対に戦争という手段・力による領有は認めてはいけない。

北方領土や竹島が不法占拠されているのなら、中国側に尖閣諸島を不法占拠していると非難されても仕方がないではないか。

政府は竹島の領有権のみ、あてもない「国際司法裁判所」提訴すると言う。決着を図りたいのなら、尖閣諸島も、北方領土も訴えるべきである。

しかし、国際司法裁判所が、真実の判断をするかどうかは疑わしい。
詳しくはWikipedia 「クリッパートン島事件」を参照してみるとわかる。
メキシコの西側の太平洋の無人島「クリッパートン島」の領有権を争ったメキシコとフランスの共同提訴であった。1898年、裁判はイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世によって、フランスの領有を認めることとなった。
欧米人同士のもたれ合い判決のような気がしてならない。
実効支配より、歴史上、初期の発見者とその領有権主張を優先した判決である。

竹島や尖閣諸島の第1発見者は誰なのか?知り得ようがないであろう・・・
少なくとも、両島とも日本人ではなさそうである。
尖閣諸島については「明」の時代から中国人にはその存在が知られていたと言う。
これが史実なら、クリッパートン島の例にならうと尖閣諸島は中国領土になる。
まさに、中国が領有権を主張している根拠がここにある。


韓国大統領が「天皇が韓国に来て謝罪をするべきである」という唐突な発言をしたが、そのくらい、我国は歴史上朝鮮半島に犯罪的行為を犯してきたということである。
野田総理は「到底受け入れられない」と述べたが、そんなことはない。今上天皇自身が『戦争で、ご迷惑をおかけしました』と言って謝罪してくれば良いだけのことである。
もちろん、国民にくすぶる反韓・反中国感情を清算しなければならないが。

争う両国に「我国領土」の意識があるうちは解決しない。
韓国民も中国国民も、我国国民の戦争犯罪を認めたうえでなければ、到底交渉の土台にも上ってこないであろう。
戦争責任を明確にしないことによって、大変な不利益を自ら被っているのが我国国民である。

不法占拠なら、イスラエルの、ヨルダン川西岸の侵略も戦後のことであるから同じように非難をするべきである。
わが国政府がイスラエル政府を「不法占拠」で抗議した話は聞いたことがない。
僕が知らないだけなのか?


韓国世論も、中国世論も、反日で沸き立っている。らしい。

当然の帰結だ。

戦後、朝鮮戦争による特需で奇跡的に立ち直った我国経済界を背景に、経済力を誇示して強引に進めた、日韓基本条約締結や、中国との田中角栄による国交回復のときに、過去の過ちを全面的に認めていないつけが、事あるごとに噴き出してくるだけのことである。
戦後賠償を経済援助などという、上から目線で解決を図った自民党政権の責任は甚だ大きい。

とくに日韓基本条約は、今もなお「日韓併合が」日本側は正当であるとし、韓国側は不当であるとしたままの条約であった。両論併記の玉虫色の解決で火種が残ったのである。
冷静に考えてみれば、力づくで交渉にあたった日韓併合など許されるわけがないのだ。

対立する日韓・日中双方にとって極めて不幸なことである。

両方で何兆円が支払われたのかは調べていないが、金で解決を図ったことが大間違いで、結局無駄遣いをさせられただけなのだ。
同じ金額を支払うにしても、「経済援助」ではなく「戦後賠償」と素直に認めてきていればここまで根深い対立は起こらなかったであろう。自らの過ちを認めようとしてこなかった自民党政権が、原発事故でも責任を取らない今の状況を打破しなければならない。


韓国大統領がこだわっている、「慰安婦問題」は、周辺諸国にとどまらない。
戦時中、インドネシアを占領した我国軍隊は、オランダ人女性も「慰安婦」とした。
Wikipedia に「白馬事件」として記載されている。白人女性を白馬に見立てたという犯罪行為である。
2007年オランダ国会下院では、「慰安婦問題」に抗議と賠償請求の決議をしている。

日本のマスコミが取り上げないだけである。
不当なことでも、自分たちに不都合な事実は隠ぺいするのは、戦前も今も同じマスコミである。

わが国民は野蛮人である。
野蛮人であることを認めない野蛮人である。

原爆投下をして今も正当化しているアメリカ国民と同じくらいの野蛮人である。

戦争責任は、最大部分が昭和天皇にある。同時に日清・日露戦争、第1次大戦などで戦勝気分に喝采をした国民自身に戦争責任があるのだ。

天皇が責任を取らないくらいだからA級戦犯の「岸信介」などが総理大臣になってしまうのだ。この事実は国民全体が責任を取るべきことを示唆している。
故人になられたのちの今は、今上天皇が責任を取るしかない。

「八紘一宇」とか「万世一系」など、真実を疑うようなことをおそらく今も信じている国民が多いのではないだろうか?

わが国には、同じ日本国籍を有するアイヌや琉球の人々がいるではないか?!

かろうじて、「万世一系」らしきものを保ってこられたのは、島国だからである。第2次大戦以前に日本が攻撃されたのは「元寇」だけだと教わっている。

蒙古にそそのかされた、高麗人と漢民族が元寇で攻撃してきたが、歴史上これ以外に朝鮮半島の人々や中国人から攻撃を受けたことはない。
にもかかわらず、わが国の歴史は天智天皇の時代から何度も朝鮮に出兵している。罪深い歴史を持つ国民である。


皇室にもさまざまな危機があったであろうが、権力の二重構造を保つことで、奈良・飛鳥時代から現代まで生きながらえてきただけのことである。

陸続きの国では、「万世一系」などは存在し得ない。

島国ではない国々の人から見れば「万世一系」などはおよそ無意味であろう。

島国国家が「島国」を誇りにするなどおかしな話である。地形の偶然に過ぎない。


戦後補償を、金で解決できない問題があることを日本人は理解できていなし、理解しようとしていない。

いじめの問題が大津警察の介入以来全国に噴出しているのとよく似ている。
いじめた側は日本国民、いじめられた側は韓国朝鮮人・中国人、そのほか東アジアの広範な国民である。
いじめた側にはいじめた覚えがない。ウソ!!
不都合な事実を認めたくないだけのことだ。

NHKは8月半ばになると毎年戦争を特集して新たな事実を発掘している。それはそれでよいとしても、空襲など戦争被害の立場に偏ってはいないか?
戦争加害者としての史実も発掘しなければならない。

現政権も、戦後補償は金で解決済みだとしている。
せめて自民党とは違う立場を示して欲しい。


戦争責任を心の問題までさかのぼって、良心に照らして、謝罪しない限り、反日感情はぬぐい去れない。

こんな重大責任を取らないくらいだから、原発事故の責任をだれも取らないでも平気でいる国民が多数を占めている。震災直後の青森県知事・つい最近の山口県知事、いずれも自民党系の無所属候補が当選している。
この国民性が最大の元凶である。

もともと原発に火を灯したのは、中曽根康弘・正力松太郎の自民党の2名である。先ず何より、原発事故を謝罪するべき立場にあるのが自民党である。
総裁はじめ誰一人責任を取ろうとしてはいないではないか!
許しがたい政党である。

戦争責任をあいまいにし、原発事故の責任もあいまいにして日本人はどこへ行く?

大飯原発の再稼働によって新たな使用済み核燃料が増加し処理しきれずに各原発・再処理工場で冷却が続けられている。東日本大震災級ではなくとも、原子炉に付随する配管の一か所が破損しても致命的な過酷事故を起こす。

このまま行くなら我国は滅びるしかない。


韓国大統領や、香港人活動家によって指摘されている戦後の戦争責任に、正面から向き合うチャンスを与えられたと考えるべきである。

国家として、国民として、大罪を犯したことを認め、小中学生に、その過去を真剣に教えなければならないときが来ているのだ。
戦争を謝罪すると言うのはこういうことなのだ。未来ある少年・少女に歴史の事実を明らかにしていく。これが心の謝罪であり、お金がかかることではない。
これこそが未来志向の政治である。日韓・日中の青少年が過去のわだかまりを清算して、お互いを尊敬し合える国に我国自らが変革していかなければならない。

度々繰り返される、教科書問題、不当な犯罪行為をしたわが国民の歴史を歪曲・矮小化しようとする動きや、歴史修正主義者・いわゆる右翼、このような人々にも一定の処罰を与えねばならない。

何かといえば日教組教育や、朝日新聞を目の敵にする連中を一掃しなければならない。
日教組や朝日新聞が全面的に正しいと言っているわけではない。

歴史修正主義者の格好の餌食の対象になっているから弁護したいだけである。

こういうことを言うと、さぞかし『国賊』だと思われる方が多いと思っている。

でも、僕は日本人オリンピック選手の活躍に何度も涙する平均的な日本人だと思っている。


僕から見れば、歴史修正主義者こそ『国賊』だと信じて疑わない。



テレビを点けたら、見たくもない国会中継が目に入った。

自民党の石破茂がちょうど質問をしていた。
案の定政府の弱腰を攻撃している最中だった。この人も歴史修正主義者である。

こういう政治家を選挙で選ぶ国民の神経がわからない。
いつまでも、反省のできない国民性です・・・

歴史認識をさらに深め、責任を取らない国民性をあらためて、再出発をしなければ子子孫孫まで、周辺諸国から追及を受け続ける国になるだろう。

日本人の恥の概念はどこに置き忘れたのだろう???
[PR]
# by to_sisyun | 2012-08-23 18:14
竹島と尖閣諸島:日本政府の矛盾
昨日に続いて、領海にかかわる、僕の個人的見解。

竹島は韓国に実効支配されていて、国際司法裁判所に提訴する予定。



尖閣諸島は日本が実効支配していて、国際司法裁判所には提訴する予定がない。



これって『おかしくない?』

国際司法裁判所が正しい判断を下すと思っているから、竹島は提訴するけれど、尖閣諸島についてはダンマリ・・・

竹島の領有について、韓国が共同歩調をとらないのと、尖閣諸島を提訴しないのは同じじゃないの???

国際司法裁判所が正しい解決を与えてくれると思いこむのは間違いだと思うけれど、片方提訴して片方だんまりにしておくのはやはりおかしい。

尖閣諸島の領有権についてはいつかもう少し詳しく書こうと思っている。

皆様の意見は?
[PR]
# by to_sisyun | 2012-08-18 00:11
終戦記念日・敗戦記念日・光復節
日本では、終戦記念日だが、事実上は敗戦記念日。
韓国では、光復節・・・日本による支配を脱却した日。

もうひとつ、僕の誕生日でもある。

お友達から、お祝いの電話があった。
その中で、「竹島」のことが話題になった。

以前、「尖閣諸島」のことをブログに、アップロードしようと思って勉強したことがあり、いずれ載せたいと思っている。

たまたまお友達との話題になったので、「竹島」を先に取り上げることにした。

お友達とは十分にお話しができなかったので、足りない分をメールで送った。

以下、その全文。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さっきの電話のお話の続きだよ
韓国大統領の竹島上陸は、正当みたいなことを言ったけれど、足りなかったから付けたし
 
もともと「竹島」はどちらの領土かは、僕にはわからない。
電話で言いたかったことは、、、
日韓基本条約の解釈が双方で違っていること。
その中で、竹島の問題は「棚上げ」で、将来の問題とされているんだ。
はっきり言えば、戦前、「韓国併合」をした日本が当然我が国の領土とした歴史があるんだと思う。
この「韓国併合」を、今現在も両国で解釈が違っているんだ。
詳しくはこちら↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E3%81%A8%E5%A4%A7%E9%9F%93%E6%B0%91%E5%9B%BD%E3%81%A8%E3%81%AE%E9%96%93%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E7%B4%84
 
政治的な問題はいろんなサイトがあって、どれも何らかの色づけがされていると思う。
その点、Wikipedia はかなり冷静なものの見方をしていると思うから、信頼できるような気がする。
この中の、『条約に関する歴史認識の違い』の部分をよく読んでみてちょーだい
僕も、詳しくは知らなかったけれど、「韓国併合」を否定する韓国側、と肯定する日本側の食い違いが、戦後の『日韓基本条約』の解釈にも影響しているらしい。
 
「日韓基本条約」は戦後の日本がダメージを受けているときに発生した『朝鮮戦争』による、戦争特需で一気に経済を立て直し、経済大国に向かう途中の条約で、韓国人から見れば、朝鮮半島が分断されたのも、日本の侵略があったからだと思っているかもしれないような状況の中で結んだ条約だよ。
そう思うと、「韓国併合」も「日韓基本条約」も日本側の立場は到底受け入れられないのだと思う。
朝鮮戦争の後、韓国の李承晩大統領は「李承晩ライン」という領海宣言をして「竹島」も韓国領土に組み込んじゃったんだね。

尖閣諸島についてはいろいろ調べてみたけれど、竹島の問題はまだ不勉強で、僕にはよくわからない。
言えそうなことは、どちらも国際的に認められたような領有権は持っていないのだろうと思うことだよ。
日本は「国際司法裁判所」に提訴するつもりのようだけれど、これは単なるパフォーマンスだと思う。争っている両国が承認しないと、提訴は成立しないんだそうだ。
今、韓国が実効支配しているから、韓国側が提訴を承認するとは思えない。

これを思うと、朝鮮半島を「清国」から独立させるという大義名分で、大陸進出への野心とロシアの南進阻止を目的に、起こした『日清戦争』に勝利して、朝鮮半島や台湾を併合したわけだから、韓国人にしてみれば頭越しで、日清両国で朝鮮半島の併合を日本が決めてしまった。だから「韓国併合」は許せないのは当然だと思う。
昭和20年8月15日、敗戦した日本を、韓国はこの日を「韓国光復節」(日本の支配から脱却した日)としての記念日にしているんだ。
この日の今日、韓国・「李明博(イミョンバク)大統領」演説の中で強調したのは『従軍慰安婦問題』で『竹島』には言及しなかったらしい。
詳しくはこちら↓
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012081502000234.html

この『従軍慰安婦問題』は欧米人捕虜の女性にも及ぶ、国際的に日本側が不利になる一番のポイントなんだと思う。
日本のメディアはあまり取り上げないけれど、オランダなんかも『従軍慰安婦問題』はくすぶっているらしいヨ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%A6%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6

いずれにしても、戦争の大罪を起こしたことを明確に認め、子どもの教育に生かさなければいつまでも世界から糾弾され続けるんだと思う。
同時に戦勝国側の戦争犯罪も主張するべきだと考えているよ。

そういう意味では、国連安保理なんてものは、百害あって、一利なしの組織だと思う。
国連の最高機関は「国連総会」にしなければ平和な世界はやってこないと思う。
シリア問題でも、安保理が機能しないことを批判して、「国連とアラブ連盟のシリア担当合同特使を務めるアナン国連前事務総長は2日、8月末で辞任」しちゃうわけだよ。
特定な第2次大戦の戦勝国だけに認められた「拒否権」によって、世界の平和が脅かされているんだ。

ついでに言うと、「核拡散防止条約」なんていうのも、まやかし!戦勝国だけが各兵器の保持を認めるなんておかしな話。
すべての核兵器を廃絶するための道筋を示すような条約にしていかねばと思うんだ。

韓国は以前、「ドイツは戦争の反省をしているのに、日本は反省していない」とも言っていたヨ
これは韓国だけではなく、朝鮮半島・中国人の本音だと思う。
ドイツは第1次・第2次の両大戦に敗れ、戦争にはほとほと懲りたんだと思う。
それが、戦争の実態を教育に生かしているらしい。

日本では、憲法の前文で明確に「恒久平和」を謳っているのに、教育に生かそうとしていないから信用されないんだと思うわけ。


日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


教育基本法の前文では、こうも謳っているよ

前文
われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい教育の基本を確立するため、この法律を制定する。


これを教育に生かすどころか、開き直るような見解をあらわにする連中が極めて多い。
戦争直後の理想とは遠く離れた今の日本を悲しく思うね。

こういった主張をすると、多くの人たちが、「日教組」教育の弊害だと言うんだ。
僕は違うと思う。日教組が教育界の多数ではないと思っている。
教員として勤めていた当時、日教組には少なからず、違和感を感じた。「権利は主張する」けれど「義務は果たさない」印象が強かった。

だけど、日教組を批判する人たちの多くが、「歴史修正主義者」と呼ばれる人たちで、僕が一番嫌う連中だよ。代表的なのが「櫻井よしこ」。
南京大虐殺はねつ造だとも言ってるよ。
元日本軍人が、告白している事実を捻じ曲げようとしているんだ。
 
僕は、教員時代、子供たちに、自分なりの反戦を訴えてきたよ。
日本の侵略も、欧米の植民地獲得(これも重大な侵略行為)競争も、どちらも同じ大罪だったと思っているんだ。

だから、「竹島問題」「尖閣諸島問題」も我田引水ではなく、冷静に歴史を学び直して、譲るものは譲らなくちゃならないと思うわけ・・・

長くなりました。

おやすみなさい

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
# by to_sisyun | 2012-08-15 23:45
原発と活断層
上の図は、日本の活断層。                             
戸田建設という建設会社のページだから、
耐震補強工事の宣伝にも思えるが・・・
http://taishin.toda.co.jp/about/fault.html
b0254635_1552062.jpg



















下の図は、日本の原発。小さすぎて見にくいので、詳しくはリンク先へ。
b0254635_15553377.gif
                                            
http://emigration-atlas.net/nuclear-power-plants/japan.html

むりやり重ねると・・・・ますます見にくいが・・・意味はおわかり願えるだろう。
b0254635_166239.jpg
               

日本中の活断層の間近に、あるいは活断層の真上に54基の原発があることになる。
今は、既に原発が停止中であっても危険極まりないことを、全国民が知っている。

活断層とは・・・Wikipedia によると・・・
「極めて近き時代まで地殻運動を繰り返した断層であり、今後もなお活動するべき可能性のある断層」を特に活断層(かつだんそう、active fault)という[1]。ここでいう「極めて近き時代」とは新生代第四紀を指す。狭義には、「過去数十万年」を指す場合もあるが、これは多くの場合、活断層の認定が断層の変位基準となる地形の形成年代に深く関わることから設定された便宜的なものであって、その曖昧さが指摘されている[2]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E5%B1%A4
前回に続いて、Wikiが正しくリンクしていないので、「断層」で検索を・・・

さらに新生代第四紀とは・・・258万年前~現在までの期間を言うという。
この時代区分は、人類誕生が区切りの根拠となっているらしい。したがって、さらに古い時代の人類が発見されれば、第四期はもっと過去へさかのぼるものらしい。

いずれにしても、ここで僕が言いたいのは『活断層』の活動の記録が地層の研究で明かにされた時代(断層のずれ)と人類誕生と結び付ける根拠は何もないのではないかということである。

従って、人類誕生以降の断層のずれが生じた部分を「活断層」といい、それ以外をただの「断層」と区分することは大間違いなのだ。


僕が子供の頃は、火山を「活火山」「休火山」「死火山」と分類する、と教しえられた。いつの頃か、おそらく30年ぐらい前に、「休火山」「死火山」という言葉は使われなくなった。

分類の根拠は、人類の歴史に記録があるかないかで分けていたからである。古代文明といえどもたかだか6,000年前であり、それ以降噴火の記録のないものを「死火山」とし、記録はあるが最近はなりを静めている火山を「休火山」としたのであった。

よい例が休火山に分類されていた、富士山である。

富士山では、最も新しい噴火は1707年の「宝永大噴火」であり、さかのぼると、800~802年の「延暦の大噴火」、864年の「貞観噴火」等が記録されている(by Wiki)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1%E3%81%AE%E5%99%B4%E7%81%AB%E5%8F%B2
こちらもリンクしていない。検索は「富士山の噴火史」で。。。

おなじWikiによると、もっとさかのぼると、10万年前に今の富士山に位置するあたりに「小御岳(こみたけ)火山」が形作られ、8万年前ごろまでに噴火を繰り返し大きな山体を形成したという。現在の「新富士山」は1万年~5,000年前に形成されたという。
今、地球全体が地震の活動期に入っていると言われ、富士山の噴火誘発も取りざたされている。

噴火もさることながら、僕はWikiの記述が正しいとするなら、何もなかったようなところから10万年前に大きな山が形成されたわけだから、富士山の地下深くはかなり空洞化が進んでいるのではないかと危惧している。
噴火するまでは地下の圧力が高く、崩落は起こらないのだろう。とするなら、崩落は大噴火、その直後に起こるに違いないと思う。
『富士は日本一の山』どころか【富士は日本一危険な山】なのかもしれない。

世界最大のカルデラが、よく知られた阿蘇山である。もしも仮に、富士山の山体自体が崩落・陥没したら阿蘇山以上のカルデラになるのかもしれない。身の毛もよだつ災害が起こりうるのではないのだろうか?

不安はあるが、素人の僕には調べようがない。学者・専門家もカルデラのことは意識にないようである。ちょうど東日本大震災が予測できなかったときのように・・・

科学が万能であるような非科学的な妄想はもうやめよう。

話を戻すと、「休火山」・「死火山」という単語が使われなくなったということは、「火山」=「活火山」ということであり、富士山を例に挙げれば10万年間の、2012-1707=305年間が静穏であるにすぎないのだ。割合で表せば、305÷100,000=0.305%の期間が静穏だということに過ぎない。


これを「断層」と「活断層」に置き換えてみると・・・
地球誕生から46億年といわれている。今から258万年さかのぼるのが新生代・第四期だから258万÷46億=0.05608%!
地球の歴史のたった0.056%が「活断層」か「断層」かの分かれ目になっていることになる。
学者・専門家にこの時代区分をした明確な根拠を聞きたい。
おそらく学者にもわかってないのだろう。

わかってないとすれば、世界の「断層」はすべて「活断層」だと考えるしかない。

おりしも、msn産経ニュースによると・・・
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120717/scn12071722390007-n1.htm
大飯、志賀原発 活断層なら廃炉の可能性
2012.7.17 22:38

関西電力大飯原発と北陸電力志賀原発で、原発敷地内にある断層の現地調査が行われる運びとなった。活断層であることが否定できないことが理由だが、原発は活断層の上に建設できないことになっており、結果次第では、同原発が廃炉になる可能性もある。
 活断層は断層の一種。経済産業省原子力安全・保安院は12万~13万年前以降に活動した可能性を否定できない断層と定義している。

Wikiの時代区分と、政府の時代区分には大きなずれがあり、またしても政府の作為を感ずる。

利権に絡まない学者・専門家によって1日も早く、活断層の存在を明らかにし、大飯・志賀の廃炉を求める。

さらに最初の図に戻って『地震国日本には原発は相容れないものである』この共通認識を全国民に持っていただきたい。

原発立地指針を厳格に守れば、日本に原発が設置できる場所はほとんどなくなる。
政府が法律を破っている状況を打破しなければ・・・

大飯原発に関する yuo tube 動画があったので追加する。
ネット規制などで削除される可能性があるとか・・・早目に一度ご覧になっていただきたい。

動画に登場する学者・教授と僕の考えは必ずしも一致
していないが、原発が危険な存在であることは共通している。

相違点は、①今まで述べてきたように、活断層だけが危ないとは思えない点。
       ②福島第1原発の1号機はつぶれてしまっているから、と危険ではないような                             受け止め方をしている点。

若狭湾の原発は活断層・およびその周辺の破砕帯。老朽化による脆性破壊の危険性。マークⅠ型の格納容器の小さな原発(福島第1原発1号基と同じ)の存在。などが指摘されている。

you tube のURLは

http://www.youtube.com/watch?v=tn_VWMDK3gU&feature=player_embedded



yiu tube 動画は2012,8,1現在削除されてしまった・・・

このほかに、共産党・吉井秀勝議員が、小泉純一郎内閣当時、津波の引き波想定で冷却水取水できずと質問主意書を提出したが、小泉総理は「想定外は想定していない」と馬鹿にしたような答弁書を作成した。当時のページのURLが見つからなかったので、2006年3月2日づけ赤旗のURLを添付した。
内容を読むと驚くべき予知能力で、まさに福島第1原発事故の予言のような記事になっている。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-03-02/2006030201_01_0.html
[PR]
# by to_sisyun | 2012-07-24 17:18
  

原発はかたくなに反対します。後世の人の命が最優先だから
by to_sisyun
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31